9月の重要なお知らせ

こんにちは。
コロナもだいぶ落ち着いてきましたね。

そのコロナ関連でお知らせです。

報道でもあるように、9月26日(月)から「みなし入院」の見直しの結果、全国一律に重症化リスクの高い方に限定されることとなりました。
該当者以外の方は、自宅療養の場合、請求しても入院とみなされず、保険金のお支払いができません。お調べした限りにおいて、生命保険会社全社で足並みをそろえる形で決定したようです。
東京海上日動あんしん生命保険および東京海上日動火災保険でご契約の傷害保険の感染症特約も同様の措置となります。

詳細が知りたい方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

またこの9月末で、お住いの火災保険について最長10年契約が終了となります。昨今の自然災害を鑑み、2022年10月1日からの新規契約および更新契約より最長5年契約となります。

私が研修生として保険提案していたときは、最長35年でした!そこから10年と縮み、今回5年となります。それまでに日本中の各地で多くの災害の被害がありました。私も当時大きな地震がきたとき、家財に損害を被りましたが、地震保険に加入していたため、助けられました。保険はいざという時にお力添えするためのお守りですが、一方で全体の損害率が高く(事故件数が多く)なると、皆様から保険料を多く頂かなければ、成り立たないことも事実です。

皆様のお力添えがあってこその保険なんだなと改めて実感しております。

もう9月も終わろうとしてますが、この機会にお見直しがお考えの方、いつでもお問い合わせくださいませ。

いざという時の頼りになりますように!

前の記事

お盆休みのお知らせ